人気バイトの家庭教師

大学生と言えばアルバイト。アルバイトをしたことがない大学生を見つける方が大変なくらいです。経験したことがあるバイトで多いものが、やはり居酒屋やコンビニの店員でしょう。日中の授業を考えれば、夜の仕事になってしまうのは当たり前のことです。そして、やってみたいアルバイトで常に上位にあがるのが家庭教師。今回は、その人気の秘密を探ってみましょう。

昔から大学生のアルバイトと言えば、定番とされるくらい名が上がる家庭教師。学習塾が少なかった以前は、学校以外の学習と言えば家庭教師が普通でした。家庭教師の歴史も古く、明治時代の末期から大正時代の初期に中産階級以上の家庭で雇われていました。当初は費用が掛かることもあり需要も多くはありませんでした。それが第二次世界大戦後徐々に利用者が多くなり、昭和40年代に入ってから爆発的に増えました。やはり、高度経済成長政策などで生活に余裕ができたことと同時に、子どもの学習への関心が高まったからでしょう。

以前は家庭教師を依頼すると言えば、知り合いに頼んで大学生を紹介してもらうか、街の掲示板に貼ってある貼り紙を見て連絡を取るなどの方法しかありませんでした。ネット時代の現在では、インターネットで検索すれば簡単に探すことができます。家庭教師のシステムも大きく変化し、教える側も業者への登録しそこからの派遣というのが一般的になりました。依頼する側も教える側も業者が入ることにより、自宅で学ぶという家庭教師に対する不安も少なくなりました。そうした理由により需要が増えたのも確かですが、学習塾の個別教室化などの影響から利用者も頭打ちになってしまったのも事実です。それでも、人気がある家庭教師のアルバイト。なぜなのでしょうか。

Published by 管理人