家庭教師の注意点

大学生のアルバイトとして、良いところばかりのような家庭教師ですがそう甘くないのも事実です。教わる側が1番期待するのは、成績が上がることです。逆に、成績が上がらなければ依頼側が頼む価値はありません。そのスパンを長く見るか短く見るかでも変わってきます。早ければ定期試験ごとで結果が求められるでしょうし、少なくても成績表が出る学期ごと、1年ごとで結果が求められます。他にも、受験で結果を出さなければいけない場合もあります。この場合、受験する生徒は当然ですが教える方にもプレッシャーが掛かります。結果が出なかったということは受からないということですから、責任は感じてしまうでしょう。人に教えるということは、簡単に考えられないということです。

勉強を教えるのだから、自分で予習など勉強をする必要もあります。自分が勉強していた頃とは、内容や問題の解き方も変わっている場合があります。何もない状態から人に教えることはできません。教える相手に対しても失礼ですので、最低限の準備を用意する必要はあります。

働くということは簡単なことではありません。楽なアルバイトなどは無いということです。どのようなところで働こうが、自分でお金を稼ぐということをしっかり自覚しましょう。そうすれば、社会に出たときに必ず役に立つはずです。

Published by 管理人