家庭教師の注意点

大学生のアルバイトとして、良いところばかりのような家庭教師ですがそう甘くないのも事実です。教わる側が1番期待するのは、成績が上がることです。逆に、成績が上がらなければ依頼側が頼む価値はありません。そのスパンを長く見るか短く見るかでも変わってきます。早ければ定期試験ごとで結果が求められるでしょうし、少なくても成績表が出る学期ごと、1年ごとで結果が求められます。他にも、受験で結果を出さなければいけない場合もあります。この場合、受験する生徒は当然ですが教える方にもプレッシャーが掛かります。結果が出なかったということは受からないということですから、責任は感じてしまうでしょう。人に教えるということは、簡単に考えられないということです。

勉強を教えるのだから、自分で予習など勉強をする必要もあります。自分が勉強していた頃とは、内容や問題の解き方も変わっている場合があります。何もない状態から人に教えることはできません。教える相手に対しても失礼ですので、最低限の準備を用意する必要はあります。

働くということは簡単なことではありません。楽なアルバイトなどは無いということです。どのようなところで働こうが、自分でお金を稼ぐということをしっかり自覚しましょう。そうすれば、社会に出たときに必ず役に立つはずです。

家庭教師が人気なワケ

大学生のアルバイトも、以前より時給はあがっています。アルバイト不足の現在では、時給も1,000円以上出さないと人が集まらないようです。その状況でも家庭教師のアルバイトに人気があるのは、さらに時給が高いからです。相場も、2,000円~3,000円と言われています。これは個人契約の場合で、派遣会社をとおすと手数料がとられるため多少低いようです。これに、生徒が受験生の場合は付加価値が付くこともあります。中には、時給5,000円の場合もあるようです。また、教える側が在学する学校でも時給が上がる場合があります。たとえば、東大に通う生徒の場合は、同じく時給5,000円くらいになることがあるようです。

時間の融通が利きやすいところも、人気の理由のひとつです。個人契約の場合は特にその傾向が強く、教える側の希望で時間を決められることもあります。他にも定期的な曜日や時間を決めず、その都度決める方法もあります。教わる側も都合をつけやすく、比較的多いケースです。

時給も高く、時間の融通が利くアルバイトと考えれば悪いところがないようですが、そう甘くはありません。当然ですが厳しいところも随所にあります。まずは、教える側にある程度の能力が必要だということです。たとえば、東大の受験を目指している子に、教える側にその学力がなければ教えることはできません。他にも、求められることはいろいろあります。つぎの章では、そうした部分も考えてみたいと思います。

人気バイトの家庭教師

大学生と言えばアルバイト。アルバイトをしたことがない大学生を見つける方が大変なくらいです。経験したことがあるバイトで多いものが、やはり居酒屋やコンビニの店員でしょう。日中の授業を考えれば、夜の仕事になってしまうのは当たり前のことです。そして、やってみたいアルバイトで常に上位にあがるのが家庭教師。今回は、その人気の秘密を探ってみましょう。

昔から大学生のアルバイトと言えば、定番とされるくらい名が上がる家庭教師。学習塾が少なかった以前は、学校以外の学習と言えば家庭教師が普通でした。家庭教師の歴史も古く、明治時代の末期から大正時代の初期に中産階級以上の家庭で雇われていました。当初は費用が掛かることもあり需要も多くはありませんでした。それが第二次世界大戦後徐々に利用者が多くなり、昭和40年代に入ってから爆発的に増えました。やはり、高度経済成長政策などで生活に余裕ができたことと同時に、子どもの学習への関心が高まったからでしょう。

以前は家庭教師を依頼すると言えば、知り合いに頼んで大学生を紹介してもらうか、街の掲示板に貼ってある貼り紙を見て連絡を取るなどの方法しかありませんでした。ネット時代の現在では、インターネットで検索すれば簡単に探すことができます。家庭教師のシステムも大きく変化し、教える側も業者への登録しそこからの派遣というのが一般的になりました。依頼する側も教える側も業者が入ることにより、自宅で学ぶという家庭教師に対する不安も少なくなりました。そうした理由により需要が増えたのも確かですが、学習塾の個別教室化などの影響から利用者も頭打ちになってしまったのも事実です。それでも、人気がある家庭教師のアルバイト。なぜなのでしょうか。